【最安値宣言】激安の新品・中古エアコンの通販ならエアコン販売王

家庭用エアコン・業務用エアコンの高価買取専門店!全国対応のエアコン販売王


2016-12-20 更新

自動掃除機能つきのエアコンってどうなの?!

エアコン

エアコン

定期的なエアコンのフィルター清掃は必須ともいえるお手入れ事項です。しかし、最近のエアコンの多くには、自動でフィルターの掃除を行ってくれるエアコンも多数販売されているようです。これは一体どのような機能なのでしょうか?

自動掃除機能つきのエアコンの仕組みってどうなってる?

エアコン

自動掃除機能つきのエアコンは、フィルターについたホコリなどを自動でキレイにしてくれる機能搭載のエアコンの事を指します。各メーカーによって呼び名や名称は異なりますが、どれも自動でフィルターのお掃除をしてくれるのが特徴です。

見た目は、他のエアコンと大して変わりないため、意識して購入されないと自動掃除機脳月かどうかわからない場合もありかもしれません。ただし、こうした機能がついているエアコンは従来品と比較して、本体にやや厚みがある製品が多いようです。

では、この自動掃除機能はどのような仕組みになっているのでしょうか?通常、リモコンについている掃除ボタンなどを押すと起動するようになっています。メーカーによって違いはあるようですが、掃除機能が起動すると、フィルターについているホコリなどをブラシでこすり取ってくれる仕組みになっています。フィルターからこすり取られたホコリや汚れは、ダストボックスなどに溜まっていきます。

また、製品によってはフィルターだけではなく、本体内もキレイにしてくれる機能があるものもあります。このような製品では、低濃度オゾンやイオンなどが本体内に噴射されてキレイにしてくれるタイプのものや、送風を行うことで除湿を行いカビなどを防ぐ仕組みであるのが一般的となっています。

メーカー毎の比較

こうした自動掃除機能は、メーカーによって名称や内容が異なります。簡単に、メーカー毎の機能を比較してみましたので、参考にしてみてください。

 

■パナソニック■
フィルターお掃除ロボットが、フィルターについたホコリを除去。ナノイーXや内部クリーン、カビみはり機能で、エアコン内部のカビや嫌なにおいの元をカットします。

■富士通■
フィルター自動お掃除機能で、フィルターの汚れをブラシで除去します。ダストボックスタイプで取り外して清掃も可能です。内部クリーン機能では、運転停止後、内部クリーン運転でエアコン内を乾燥させ、水分を取り除きます。

■日立■
独自のステンレス・クリーンシステムを採用。フィルターの自動お掃除や除菌などを行います。エアコン内部クリーン機能では、運転後に自動で内部を乾燥させます。

■シャープ■
フィルター自動掃除機能では、裏表両方をブラシでホコリを書き出し、ホコリを除去します。また、アルミフィン部分は、ドレン水で汚れを浮かせて洗い流す、熱交換器クリーニング機能つきです。また、送風で乾燥させるほか、プラズマクラスターイオンでカビの増殖を抑えます。

■三菱重工■
ダストボックスに自動でホコリが溜まる、フィルター自動清掃機能付きです。このほかにも、バイオクリア運転でフィルターに吸着した汚れを酵素と尿素の力でキレイにします。また、内部クリーン運転では、運転停止後自動でエアコン内部の乾燥をうながします。

■三菱電機■
フィルターおそうじメカが、自動でフィルターを清掃します。10年相当の大容量ダストボックスでお手入れラクラクです。また、エアコン内部もカビクリーンシャワーやピュアミストでカビ予防を行います。

■東芝■
ダストボックス方式のフィルター自動お掃除機能付き、ダストボックス内のホコリは取り外し不要で掃除機で吸い取ることができます。また、熱交換器についた汚れも、自動で洗浄して排出される仕組みです。セルフクリーン機能で、自動的に乾燥運転し汚れの付着も防ぎます。

■ダイキン■
ダイキンには、フィルター自動お掃除という機能があります。フィルターのホコリをブラシで落としてダストボックスへと回収します。独自の「ストリーマ」を搭載し、熱交換器や気流通路に照射することで、エアコン内部を乾燥させてカビなどを予防します。

自動掃除機能つきがオススメの人は?

女性

こうした自動掃除機能は、家族にハウスダストアレルギーのある方などにおすすめです。フィルターの汚れやほこりも防げて、クリーンな状態を保てるため、お部屋の中のアレルゲンも極力少なくしていくことができるからです。また、あまりこまめにエアコンの掃除ができないという方にとっても、非常に便利な機能となることでしょう。

ただし、自動掃除機能つきのエアコンであったとしても、まったく掃除が必要ないかというとそうではないものも多いため、注意が必要です。また、ダストボックスの中のホコリやチリは、ある程度たまったら捨てる必要があるため、こちらも全く手間がかからないかというとそうとは言い切れない面はあるでしょう。また、中にはフィルターのみの掃除機能しかついておらず、油断していたために本体にカビが発生してしまったというケースもあるのです。しかし、それでもフィルターなどの掃除の頻度が少なくて済むのは衛生的ですし、やはり便利だといえるでしょう。エアコン清掃の時間がなかなか取れない方や、ご自身でずぼらなタイプだなと思われている方にはぴったりの機能だと言えるでしょう。

掲載メディア 掲載メディア