【最安値宣言】激安の新品・中古エアコンの通販ならエアコン販売王

家庭用エアコン・業務用エアコンの高価買取専門店!全国対応のエアコン販売王


2019-02-26 更新

エアコンのコンセントをチェック!それって工事必要?

エアコンのコンセント

目次

エアコン専用のコンセントは必要?

エアコンを買ったことのある方は、どこに設置するかという店員とのやり取りの中で、こんな質問を受けたことがあるはずです。
「その部屋にはエアコン専用のコンセントはありますか?」と。

 

エアコンを設置する際、もしその部屋に専用のコンセントがなかったら、設置と同時にコンセントも新たに作る工事が必要だと言われます。
それを断ると、お店によっては設置できないと言われることもあります。
なぜ、エアコンには専用のコンセントが必要なのでしょうか?

 

それは、エアコンは他の電化製品よりも電力を多く使うので、一般のコンセントでは電力が足りず、コンセントの性能以上の電力を取ろうとしてしまい、結果ブレーカーが落ちたり、そのコンセントから電源を取っている他の電化製品が使えなくなったり、最悪の場合はコンセントが過熱して発火してしまうことがあるからです。

 

エアコン専用のコンセントは、エアコンの使用電力に耐えられるよう、一般のコンセントよりも電圧が高かったり、電流の量が多かったりします。
そして部屋の大きさに合わせてエアコンの種類が変わるように、コンセントの種類もいろいろあります。

 

家によっては、エアコンのコンセント専用のブレーカーがあったりもするのです。
当たり前のように、エアコンと専用コンセントはセットになっていると思っていましたが、ちゃんと意味があったのですね。

エアコンの電源プラグとコンセントの形状を合わせましょう

先ほど、エアコンのコンセントにも種類がいろいろあるとお話しました。
もし近くにエアコンのコンセントがあれば、お家のものがどんな形をしているのか、ちょっと確認してみてください。

 

一般のコンセントは、「I」を2つ横に並べたような形状ですが、エアコン専用のものは、穴が3つ空いていて、まるで目と口の顔文字のような形になっているもの、穴は2つでも向かって左側は「T」を横に寝かしたような形になっているものなど、ちょっと変わった形状であることがわかっていただけるでしょう。
この形の違いにもちゃんと理由があります。

 

コンセントの形の違いは、供給される電力の違いをあらわしているのです。
例えば200V(ボルト)の電圧で供給されるコンセントに、100V仕様の電化製品を接続したらどうなるでしょう。
電圧は数値が高ければ高いほど強くなります。
コンセントの強すぎる電圧で電力を供給された電化製品は、ヘタをすれば爆発&炎上してしまいます。
そうならないように、コンセントの形を変えて、違う仕様のものが接続できないようにしているのです。

 

ちなみに、全製品がそうではありませんが、大ざっぱにいえば、
100Vならコンセントの穴は縦長、「I」の形です。
200Vなら横長「-(マイナス)」の形です。
もう1つの電気の単位、電流を表すA(アンペア)は、「I」だと15A、「T」を横にしたようなカギ型ものがあると20Aになります。
エアコンを設置する際は、エアコンの仕様がコンセントに合っているか、必ず確認してから接続してくださいね。

コンセント工事の費用の相場は?

もしエアコン設置希望の部屋に専用のコンセントがない、あるいはあっても場所が遠くてコードが足りない、などの場合は、エアコンの設置と同時にコンセントを設置、あるいは移設する必要があります。

 

コンセントがない場合は仕方ないけど、遠いだけだったら、他の電化製品と同じように、延長コードでつなげればいいんじゃないの?
と思われるかも知れませんが、エアコンは使用電力の大きい家電です。
延長コードを使うことで、火災が発生する危険性があります。

 

短期間の使用ならともかく、最初から延長コードを使うような設置は止めておきましょう。
では、コンセントを設置、移設するのにどれくらいの費用がかかるのでしょうか。
平均的な相場を調べてみました。

 

コンセントの形状や電圧の変更:2,000~3,000円
コンセントの増設:12,000~16,000円
コンセント移設:5,000円程度
専用のブレーカー増設:40,000円~

 

これを見ると、やはりコンセントの増設にはそれなりの費用がかかることがわかります。
また、これらの工事はエアコン設置工事のオプションとして依頼した時の価格であり、コンセントの工事のみ、となるとまた価格が違ってきますので、依頼する際は業者に確認してください。

工事費はリーズナブルな中古エアコンで埋め合わせ!

最近の新築マンションや建売などは、各部屋にエアコンのコンセントが用意されている場合が多いので、コンセントの増設をお願いする機会は少なくなりましたが、引っ越し先のコンセントの形状が、引っ越し前のものと違う、などといったことはよく起こります。

 

とにかく、形状の合わないコンセントや専用コンセント以外のコンセントでエアコンを使うことは危険ですから、必ずエアコンの仕様に合ったコンセントを使うようにしなければなりません。
さらにエアコンを買うと同時にコンセントの工事もしなければならないとすると、結構イタイ出費ですよね。

 

なんとか費用を抑えたい!その方法はただ1つ「エアコンをお得にゲットする」ことです。
新品のエアコンだと、最低でも数万円は確実に必要ですが、中古エアコンにすることで、費用はその半分程度に抑えられます。
今は中古のエアコンの種類も多く、一流メーカーの今シーズンのものが、中古として販売されていることもあるのです。
ぜひ一度、中古エアコンの販売サイトをのぞいてみてください。
コンセント工事の費用を取り戻すことができますよ。

掲載メディア 掲載メディア