【最安値宣言】激安の新品・中古エアコンの通販ならエアコン販売王

家庭用エアコン・業務用エアコンの高価買取専門店!全国対応のエアコン販売王


2019-06-26 更新

冷房と送風機能を上手に組み合わせて、しっかり節約!

エアコン送風

目次

①送風はほとんど電気代がかからない

部屋を涼しくしたいけど、正直1〜2度体感温度が下がればそれで良いかな?というときって意外とありますよね。
そんな時は、無理に冷房機能を使わなくても、送風機能がおすすめです。

 

送風機能とは、読んで字のごとくただ風を送るものです。
雑な言い方をすれば、エアコンを扇風機のように使います。

 

「冷気を送らなければエアコンの意味がないのでは?」と思われる気持ちもわかります。
しかし、私たちの体感温度を下げるだけなら送風だけでも効果を発揮します。

 

それは、汗で湿度が高くなった空気を移動させてくれるからです。
蒸し暑さの正体は湿度が上がって汗を蒸発させられなくなった空気で、風が吹くとまた汗が気化熱で体を涼しくしてくれます。

 

そして、送風は風量を強くしても電気代がほとんどかからないというメリットがあります。
そもそもエアコンが扇風機より重宝されるのは「空気の温度を下げられる」ことが理由です。
冷房は熱交換器を稼働させて冷気を作り出すのですが、これが非常に電力を消費します。

 

冷房の電気代はだいたい1時間4〜10円であるのに対し送風機能だけならなんと1時間あたりたったの0.3円しかかかりません。
これで部屋が涼しくなるなら非常にお得だし、いうまでもなく扇風機も同じくらいのランニングコストです。

②送風機能の上手な使い方を解説

エアコンの送風機能は、扇風機と同じ原理で動き、風量を強くすることで涼しさをアップさせることができます。
ちょっと強いかなと思うくらいの風力でも、電気代はほとんどかかっていません。それに、余分な水分が排出される冷房に比べて、送風の場合は十分な湿度の空気を入れることができるメリットがあります。

 

しかし、送風機能は室内の空気をそのまま入れるだけですから、室温が非常に熱くなっている時に使うと、大した効果が期待できません。
この点は忘れないでください。

 

この送風機能を上手に使うなら、以下のようなポイントを知っておきましょう。

 

・送風機能だけで体感温度を下げられる
先ほど説明したように、汗をかいた状態では体にまとった空気の湿度が上がり蒸し暑い状態になります。
風が吹くと体表面の湿度が下がるので、蒸し暑さから解放されます。

 

・事前の送風で冷房効果アップ
送風はエアコン内の熱い空気を放出する効果があります。
エアコンは閉ざされた空間のため、熱気がこもりやすく、暑い日は冷房をつけた瞬間モワッと蒸し暑い風が出てくるものです。

 

そんな時は窓を開けて、10分以上送風します。
すると熱気は放出され、熱くなっていた金属部品も次第に冷めていきます。
それから冷房機能を使うことで、エアコンに余計な負担をかけずに済みます。

 

・送風は防カビ対策になる
送風は防カビ対策としてもおすすめです。
エアコンは長時間放置するとカビが根付いてしまうため、スイッチを切る前にも1〜2時間の送風をします。
この送風には、カビの大好きな湿気を追い出す効果があります。

 

③電気代がお得なエアコンに買い換えるのも節約方法です

暑くてしょうがない夏を快適に過ごすためのエアコンで、気になるのは電気代。
私たちの健康を考えれば、室温28度以下を作ることが望ましいとしても、部屋を冷やしすぎるのもどうだろうと考えてしまうものです。

 

そこで、室温がすでに28度近くであるという場合は、冷房機能の代わりに送風機能を使いましょう。
それだけで、電気代を10分の1近くに節約することが可能です。

 

必要に応じて、冷房機能と送風機能を使い分けてお得に夏を過ごしましょう。

 

とはいえ我が国の夏は暑く、日中の気温は当たり前のように30度を超えますね。そのため送風機能だけで乗り切れる日が少なく、思ったほど電気代を節約できない地域も考えられます。

 

その場合はエアコンの使い方よりも、エアコン自体を見直すことが良いでしょう。エアコンは、数年に一度大幅に技術が発展して、冷房の力が上がり同じパフォーマンスでもより省エネ仕様となります。

 

電気代がお得なエアコンに買い換えれば、送風と冷房で悩むよりもずっと電気代を効率的に節約できます。
エアコンの大きな進化は数年単位で、毎年の変化はマイナーチェンジがほとんどです。
つまり、型落ちの中古品でも最新機器に負けない魅力があります。
エアコンの購入費用も節約するなら、ぜひエアコン販売王で探してみませんか?

掲載メディア 掲載メディア