【最安値宣言】激安の新品・中古エアコンの通販ならエアコン販売王

家庭用エアコン・業務用エアコンの高価買取専門店!全国対応のエアコン販売王


2019-01-29 更新

エアコン16度でニオイが消えるはホント?気になるメカニズムを解説します

エアコン16度でニオイが消えるはホント?気になるメカニズムを解説します

目次

噂の16度運転はどんな原理?

みなさんは、今ネットなどで話題の「エアコン16度運転」を知っていますか?

 

エアコンの臭いに悩まされていたある人が、メーカーのお客様センターに対処法を聞いたところ、指示された方法が、
「エアコンを16度にして、1時間窓を開けて運転する」
というものだったそうで、それを試してみたところ、本当に臭いが取れたとネットに上げたことから広まった話だそうです。

 

しかし、一体なぜエアコンを16度で運転することで、臭いが取れたのでしょうか?

 

簡単に説明すると、エアコン内部の臭いの元が、結露に溶けて外に排出されたからです。
もう少し詳しく説明しましょう。

 

エアコンは、内部にある熱交換器というところで、冷媒(フロンガス)が蒸発する際に奪う熱(気化熱)によって空気を冷やしています。
この時、熱交換器の周りの温度が下がるので、空気中の水蒸気は水滴となって交換機の周りに付着します。

 

この水滴は、受け皿の役割をしているドレンパンによって集められ、最終的には室外機より外に排出されるのですが、この時水滴に溶け込んだ臭いの元も排出されるのです。

 

冷えたコップで考えてみると、水滴は周りの温度が高く、コップの温度が冷たいほどたくさんつきますよね。
16度という低温で冷房すると、より多くの水滴を熱交換器につき、その結果交換器を水洗いしたのと同じことになるのです。

 

また、窓を開けるのは、部屋の中の臭いの元を外へ出すためです。

 

臭いの元は、人の汗やタバコの煙、食品やペットの臭いなどですが、これをエアコンが吸い込んで内部にたまることで、臭いがするようになるのだそうです。

他のニオイを消す方法もご紹介!

さて、エアコンの消臭ができる16度運転についてご紹介するついでに、エアコンの消臭方法についてもご紹介したいと思います。

 

エアコンの臭いの元は、先ほど説明したように、人やペットの臭い、タバコや食品などですが、もう1つ、忘れてはならないのが「カビ」の臭いです。
このカビ臭の原因は部屋ではなくエアコンにあります。

 

16度運転でも説明したように、エアコンの内部は熱交換器周辺に結露が起きやすくなっています。
また稼働中はエアコン内部の温度が上昇し、いわば高温多湿の環境になっています。
カビにとってはまさに楽園!
うかうかしていると、あっという間に広がってしまい、エアコンをつけるたびに臭うようになるのです。

 

これを防ぐ方法として、

 

①エアコンをつける際、10分は窓を開けて部屋を換気する。
②窓を開けたまま、暖房を30度で1時間運転する。
③冷房の設定温度を27度以下に設定する。
④エアコンを止めたあと、1時間送風運転をする。
⑤フィルターやルーバー、ドレンバンの掃除をする。
⑥オフシーズンも月1回は送風運転をする。

 

など、ちょっと調べるだけでもこんなにもたくさん出てきます。

 

まず①ですが、エアコンをつけた直後は、カビの胞子が部屋の中に一斉に放出されるので、それを外に出すのに有効です。

 

②③④⑥は、エアコン内部を乾燥させ、高温にすることでカビの発生を防ぐ効果があります。

 

⑤はカビにも、その他の臭い対策にも有効な方法です。

 

エアコンの臭いが気になるなら、一度試してみて下さい。

それでも消えない場合は中古エアコンでお得に買い替えましょう!

もし家のエアコンの臭いがひどく、ご紹介した方法をいろいろ試してみたけれど、あまり効果がなかった場合は、どうすればいいのでしょう。

 

1つの方法として、業者にエアコン清掃をお願いするというのがあります。
先ほどご紹介した方法では、やはりプロである業者には敵いません。

 

ただ、清掃には1台あたり1万円程度の費用がかかりますし、エアコンを設置したままの洗浄となるため、100%カビや汚れを除去できるかというと、それは無理です。

 

エアコンをはずし、分解して徹底洗浄。
ここまでしないと、内部に発生したカビを除去することはできないのです。
一体費用がいくらになるのやら…。
考えても頭が痛くなりますよね。

 

もうこうなったら、新しいエアコンに買い替えた方がマシ、そう思いますよね。
でもこちらの方法も、費用がネック・・・・。

 

つまり、新品を購入するよりも、エアコンの本体代や処分費用が抑えられ、レンタルするよりもはるかに安い値段で長期間使うことができるのです。

 

そんな時は、エアコンの本体がずっと安く買える「中古エアコン」にしてみませんか?
今、エアコンの中古市場が熱いんです。

 

探せば希望するメーカーの、希望する機種が市価の半額以下で手に入ることもあります。

 

また、中古といっても内部は分解洗浄済ですので、最初からヘンな臭いがする、なんてことはありません。

 

臭いに悩まされながら古い家のエアコンを使い続け、その結果カビが原因で健康を害することにでもなったら大変です。

 

ぜひ一度中古エアコン販売サイトを覗いてみて下さい。
中古エアコンのイメージが変わること間違いなしです!

掲載メディア 掲載メディア