【最安値宣言】激安の新品・中古エアコンの通販ならエアコン販売王

家庭用エアコン・業務用エアコンの高価買取専門店!全国対応のエアコン買取王


2018-12-13 更新

エアコンをつけると咳が止まらない?本当に怖いカビの話

エアコンをつけると咳が止まらない?本当に怖いカビの話

目次

咳の原因はエアコン?カビが原因で肺炎になることも・・・

もうすぐ寒い冬がやってきますね。
今年は暖冬だと聞きましたが、それでも朝晩の寒さは身に沁みます。
そんな冬にも大活躍するのがエアコンです。

 

しかし、長時間エアコンの効いた部屋にいると、喉がイガイガして、咳きこんでしまうことってありませんか?
風邪かな?と思って薬を飲んだり、部屋が乾燥しているからかな?と思って加湿器を置いたりしてもあまり良くならない。
そんな場合は、部屋のエアコンをチェックしてみて下さい。

 

・エアコンをつけると、変な臭いがする。
・季節の変わり目に、エアコンを掃除していない。
・エアコンをつけていない時、場所では咳が出ない。

 

もし1つでも当てはまっていれば、咳の原因は、エアコン内部に発生している「カビ」のせいかも知れません。
なぜエアコンにカビが発生するのか?それはエアコンが空気を温める(冷やす)仕組みに原因があります。

 

エアコンは室外機から取り込んだ空気を、内部のフィン(熱交換器)と呼ばれる部分で温め(冷やし)、吹き出し口から温めた(冷やした)空気を出します。
このフィンで空気を温める(冷やす)際に結露が発生するのですが、そこにホコリやゴミが付着することで、カビが発生します。

 

エアコンが稼働している時の内部の温度や湿度は、カビにとってはまさに楽園。

 

エアコンに発生しやすいカビは、クラドスポリウム(黒カビ)、アスペルギルスやペニシリウム(青かび)といった、ごく一般的なものなのですが、これらのカビは、咳ぜんそくやアレルギー性鼻炎、最悪アレルギー性肺炎や肺アスペルギルス症などといった、命にかかわる病気を引き起こすこともあります。

今すぐ実践!エアコン咳対策

エアコンのカビが原因で咳が出てしまう、この状態を放っておくわけにはいきません。
今すぐ対策しましょう。

  • 1.エアコンのフィルター・ルーバー・吹き出し口を掃除する。

    フィルターははずす前に、掃除機で縁を軽く吸っておくと、外した時にホコリが下に落ちるのを防げます。
    フィルターを外したら、部屋の方を向いている(外側)の方から掃除機を当て、ゴミやホコリを取りましょう。

     

    汚れがひどい時は、シャワーをエアコンに向いている(内側)の方から当てて、網目に詰まっている汚れを取りましょう。
    掃除機やシャワーを当てる向きを逆にすると、ホコリが網目に詰まってしまうので注意して下さい。
    ルーバーは、エアコンの風の向きを調節する羽状ものですが、吹き出し口と共にスキマが狭いので、中性洗剤を薄めた液を布やタオルに染み込ませ、指に巻き付けて拭いて下さい。

  •  

  • 2.冷暖房使用後に送風運転をする。

    エアコンの冷暖房機能を使っている時は、どうしても結露が発生してしまいます。
    これがエアコンの内部に残ったままになってしまうと、カビの温床になりますので、送風機能を使って内部を完全に乾かしてしまいましょう。
    少なくとも1時間~2時間は送風運転をする必要があるそうです。

    今のエアコンには、冷暖房を切った時に、自動的に送風モードになってくれるものがありますが、電気代がもったいないからと途中で切ってしまう人がいます。
    これは絶対止めましょう。
    送風モードの電気代は、扇風機と同じくらい安いものです。
    自分や家族の健康のために、これらをぜひ実践して下さいね。

エアコン販売王のお得な中古エアコンは全て徹底洗浄済み!

ただ、上のような対策を取っても、一度発生したカビを死滅させることはできません。
あくまで増殖を抑えることができるというだけです。
内部の奥深くに発生しているカビは、エアコンを分解して洗浄しなければならず、私たち素人では無理なのです。

 

それでは、一体どうすればカビを除去することができるのでしょうか?
1つはエアコン洗浄のプロにお願いするという方法です。

もう1つはエアコンを買い替えるという方法です。

 

え!?エアコンを買い替えるの?そう思いますよね。
ご存知かも知れませんが、エアコンの洗浄をプロに頼むと、料金は約1万~2万円程度です。
結構お高いんですよね。
それでもエアコンを買い替えるよりは大分マシだと思うでしょう。

 

新品のエアコンなら確かにそうですが、これが買取王の中古エアコンなら、洗浄代+1万円、つまり最低2万円代から2015年、16年、なかには2018年のものが買えてしまうのです。
最近流行のお掃除機能付きエアコンも、もちろんあります。

 

「でも中古でしょう。それなら家のエアコンと同じ、中はカビだらけじゃないの?」と心配される方もいらっしゃるでしょうが、買取王のエアコンは一度分解して、中まで徹底洗浄済です。

 

洗浄のプロであっても、エアコンを設置したままで洗浄する方法と比べて、どちらの方がより掃除が行き届いているかはおわかりですよね。
つまり、中古エアコンを買うことで、エアコン洗浄代+αで、高機能でカビの心配がいらないエアコンをゲットできるということなのです。

掲載メディア 掲載メディア