【最安値宣言】激安の新品・中古エアコンの通販ならエアコン販売王

家庭用エアコン・業務用エアコンの高価買取専門店!全国対応のエアコン販売王


2019-12-20 更新

【15畳の部屋に合うエアコンの選び方とおすすめエアコン】

家庭用エアコン取付歴20年 業務用エアコン取付歴17年の実績があります。
地域家電店から、大手家電量販店や引越しの工事請負も経験していますので、国内全メーカー、上位モデルから普及モデルまで様々な種類のエアコンを取り扱ってきました。
メーカーサービスの修理研修を経て、エアコン修理も対応してきたため、メーカー毎の特長はじめ、強み弱みも熟知しています。
日頃、コスパの高いエアコンをご提案してたくさんのお客様に喜んでいただいています!

記事の筆跡
佐藤

15畳の部屋にはどのサイズのエアコンがいい?エアコン畳数の目安

15畳の部屋にエアコンを設置しようとするときに、まず悩むのがエアコンのサイズ選びではないでしょうか。

メーカーにもよりますが、15畳用で検討するとなると大体が14畳用、16畳用、18畳用あたりのサイズになることでしょう。それぞれの冷暖房の適用畳数を見比べて決めていくことになるのですが、仮に、部屋の条件に合っていないエアコンを使うとどうなるかご存知でしょうか。

15畳用じゃないエアコンを使った場合

部屋の条件に合っていないエアコンを使ってしまうと、誰もが一番気になる電気代に大きな影響を及ぼします。仮に15畳よりも小さめのエアコンを買ってしまった場合、通常はある程度室温が安定すれば省エネ運転などにできるところが、常にハイパワーでの運転をしてしまうことになり、結果的に電気代もかさむことになります。

また、常にハイパワーで運転してしまうと、機械への負担も大きくなってしまい、エアコン自体の寿命も縮めてしまうこともあります。なかなか適温にならないのに、電気代は高くなり、エアコンも早く買い替えなくてはいけなくなってしまうなど、良いことがありません。

逆に、大きすぎるエアコンを使ってしまった場合でも、控えめな運転にしても部屋が冷えすぎたり、暑くなりすぎてしまったりしてしまいますので、健康にも影響が出てしまうほか、やはり電気代に関しても、適したサイズであれば使わなくてもいい電気代が余分にかかるため無駄になってしまいます。

木造と鉄筋では買うべきエアコンが変わる

では、どのようにしてエアコンのサイズを選べばいいのかということですが、使う予定の部屋が木造か鉄筋かによっても大きく変わってきます。

ここで、カタログに記載されている適用畳数の見方についてお話ししていきます。

例えば、14畳用のエアコンのスペックに、「冷房11~17畳」と記載されているとき。
これは11畳から17畳までの部屋であれば適しています、というわけではなく、「木造の平屋で、南向き和室であれば11畳」、「鉄筋のマンションで、中間層の南向きの洋室であれば17畳」という意味なのです。

木造住宅の和室よりも、鉄筋マンションの洋室の方が部屋の密閉率が高いのでこういった表記になっています。

ですので、冷房をメインに使う場合、同じ15畳の部屋であっても、「鉄筋のマンションで、中間層の南向きの洋室」であればその部屋に適したサイズのエアコンになりますが、「木造の屋で、南向きの和室」であるならば、このエアコンは小さすぎる、ということになるのです。

冷房11~17畳 木造の平屋で、南向き和室であれば11畳
鉄筋のマンションで、中間層の南向きの洋室であれば17畳

冷房と暖房では買うべきエアコンが変わる

エアコンを冷房と暖房、どちらをメインとして使う予定であるかということでも買うべきエアコンは変わります。

冷房をメインに使う場合は、使う部屋の窓が大きくて日差しが入りやすかったり、キッチンがあって熱がこもりやすかったり、屋根に近い部屋であったりする場合、たとえカタログの適用畳数が一致していても、熱のこもりやすさや暑くなりやすさが違うため、もう少し大きめの、パワーに余裕があるエアコンを買った方が良いでしょう。

暖房をメインに使う場合は、冷房よりも暖房の方が必要なパワーが大きく、電力も多く消費しますので、暖房の適用畳数をよく見ることが大切です。

特に、寒冷地で使用する場合は注意が必要です。メーカーにもよりますが、一般的にカタログの適用畳数は、東京での使用を想定して設定されたものが多いためです。そのため、東京よりも寒い地域で使用する場合は、さらにパワーが必要なため、適用畳数がより小さいエアコンを買う必要があります。最近では寒冷地用のエアコンなども出ていますので、カタログに記載されている使用条件などをよく見てから買いましょう。

15畳用エアコンの相場価格

15畳用エアコンの気になる相場価格についてですが、冷房の適用畳数がおよそ「11~17畳」程度の14畳用とされているエアコンであれば、70,000円~190,000円前後、冷房の適用畳数がおよそ「15~23畳」程度での18畳用とされているエアコンであれば、90,000円~260,000円前後が価格の相場となっているようです。

「11~17畳」程度の14畳用 70,000円~190,000円前後
「15~23畳」程度の18畳用  90,000円~260,000円前後

エアコンの価格については、搭載されている機能や、最新モデルであるか型落ちモデルであるかによってもかなり差が開いてきますので、自分が求めている機能がどれだけ搭載されているかをよく見て買う必要があります。

最新の機能がふんだんに搭載されている良いエアコンでも、機能を使う機会がなければ宝の持ち腐れになってしまいますので注意しましょう。

おすすめの15畳用エアコン

ここで、使用する条件に合わせていくつかおすすめの15畳用エアコンをピックアップしてみましたので、よろしければ参考にしてみてください。

①三菱「霧ヶ峰 MSZ-ZW5619S-W」

三菱の大人気シリーズである「霧ヶ峰」。
こちらの機種の適用畳数は冷房が「15~23畳」、暖房が「15~18畳」となっています。

冷暖房共に、少し余裕を持たせたパワーが欲しいという方にもおすすめの、最新の機能も充実したプレミアムモデルのエアコンです。

「おまかせA.I.自動」という、最新のA.I.を使用した機能では、「A.I.自動」ボタンを押すだけで、AIが部屋の条件を分析、外気温の変化、部屋にいるひとりひとりの体感温度などを先読みし、適正な運転になるように自動でコントロールしてくれます。

自分が手動で設定しながら適度な室温に保つのはなかなか難しいので、この機能はありがたいですよね。

部屋にいる人が少し暑いかな、寒いかなと感じる前に運転を自動でコントロールしてくれるので、常に快適に過ごすことができますし、省エネにも繋がります。

室温の感じ方は人によって違うものですが、それも大丈夫です。部屋にいるひとりひとりにあわせて気流をコントロールしてくれるので、体感温度が違う2人がいたとしても、同時に快適に過ごすことができるのです。

また、エアコンは室外機の温度が上がってしまうと、機器を保護するために運転を自動で停止してしまうので、最近の猛暑によりエアコンが止まってしまった、ということも少なくないようなのですが、このシリーズでは様々な猛暑の環境を再現したテストを実施、なんと屋外の温度が46°Cになっても運転が止まらない仕様になっています。

清潔機能も充実しており、自動のおそうじメカである「フィルターおそうじメカ」により、エアフィルターを巻き取りながら汚れをブラシで往復してかき取るというお掃除をしてくれますので、エアフィルターを常に簡単に清潔に保つことができます。

エアコンの内部にも、三菱の独自技術である「ハイブリッドナノコーティング」が施されており、エアコンの内部に油やほこりが付きにくくなっており、特に汚れが溜まりやすい熱交換器やファン、通風路への汚れの付着を防いでくれます。

気になるエアコン内部のカビにも対応。「カビクリーンシャワー」により、オゾンの力でエアコンの内部のカビ菌を除去してくれます。

自分でお手入れしたいときにも、「はずせるボディ」でお手入れ簡単。前面パネルやフラップが取り外し可能なので、通風路の中まで無理なく手が届き、ファンのお掃除も簡単にすることができます。「フィルターおそうじメカ」も取り外し可能ですので、熱交換器やエアフィルターのお手入れもとても簡単に行うことができます。

空気中の菌やウイルス、カビ菌、花粉なども抑制してくれる「ピュアミスト」もうれしい機能の一つ。電気を帯びたミストが空気中にある様々な汚れを抑制し、脱臭までしてくれます。

②パナソニック「エオリア CS-407CF2」

暖房はあまり使用しないので、冷房を重視していて、価格も抑えたい、という人におすすめなのが「エオリアCS-407CF2」です。

暖房の適用畳数は「11~14畳」のため、暖房を使用する予定のある方には向いていませんが、冷房の適用畳数は「11~17畳」ですので、冷房をメインに使用する人にはおすすめできるエアコンです。

もともとベーシックモデルのため他のモデルよりも買いやすい価格設定なのですが、17年度のモデルなので型落ちになっており、さらに価格が下がっています。とはいえ、ベーシックな機能さえあればよい、という方には十分すぎる機能が搭載されています。

「すぐでる冷房」により、厳しい暑さの中帰宅し、汗だくになっていても、ひんやりとした冷風をすぐに吹き出してくれるので、快適さを素早く実感することができます。

また、エアコンの風が直接体に当たると体調を崩しやすいという人にぴったりの、「天井シャワー気流」という機能も搭載。気流を利用し、冷風が天井からシャワーのようにやさしくふりそそぐようになっているので、冷風が直接体に当たらなくても涼しく、快適に過ごすことができるのです。

さらに、簡単な操作で「しずかモード」にも切り替え可能。このモードにすると設定温度になるまでの時間は多少かかってしまいますが、テレビや音楽を観賞したいとき、寝室での利用でとにかく運転音をしずかにしたいときには便利な機能となっています。
リモコンもシンプルで使いやすくなっており、「Wタイマー」機能により、エアコンの入・切を1日に2回タイマー設定することが可能となっています。起床後に電源を入れて、出勤時刻頃に電源を切るように設定しておくなど、切り忘れを防止したいときにもとても便利な機能です。

室温も0.5℃刻みで設定が可能ですので、「もう少しだけ涼しくしたい」などというときにも冷えすぎずに快適に過ごすことができます。

いかがだったでしょうか。
14畳以上のエアコンを激安で購入する場合は、エアコン販売王へ

掲載メディア 掲載メディア