【最安値宣言】激安の新品・中古エアコンの通販ならエアコン販売王

家庭用エアコン・業務用エアコンの高価買取専門店!全国対応のエアコン買取王


2018-12-13 更新

【エアコンつけっぱなし】エアコン専門店が教える電気代の真実

【エアコンつけっぱなし】エアコン専門店が教える電気代の真実

目次

つけっぱなしって電気代が安いって聞くけど本当?

今年の夏は暑かったですね。
もはや最高気温35度超えも日常になりつつある日本、エアコンを朝からずっとつけていたご家庭もあるかと思います。
電気代が気になるところですが、最近テレビなどで「エアコンはつけっぱなしにしている方が電気代は安い」という話をよく聞きます。
これって本当なんでしょうか?
調べてみました。

 

エアコンメーカーの「ダイキン」が、冷房を一日中つけっ放しにした場合と、30分ごとにOFF/ONを繰り返した場合の消費電力量について調べた実験があります。

 

これによれば、朝9時から18時までの日中なら、一日中つけっぱなしの方が消費電力は少なく、18時から23時の間は、30分おきに電源をOFF/ONしていた方が消費電力は少なかったそうです。

 

エアコンは、外気温との差が最も激しい運転開始時に、一番電力を消費します。
部屋の温度を指定された温度にまで下げるため、フル稼働するからです。
日中は外の気温が高く、30分でも運転をやめると部屋の温度が上がってしまい、電源を入れるたびにフル稼働になってしまうため、こまめに電源を切ることで消費電力が高くなってしまうものと思われます。

 

逆に夜間は外気との温度差が低く、電源を切っても部屋の温度があまり上がらないため、消費電力も少なくて済むのでしょう。
この実験からは、日中(9時から18時)の場合なら、一日中つけっぱなしの方が電気代は安い、という結果になりました。

つけっぱなしvsこまめに切る どっちが安い?

しかし、上の実験では、30分おきに電源をOFF/ONしていましたよね。
日常のエアコンの使い方として、そんなことはありえません。
私たちが知りたいのは、外出時にエアコンを切り、帰宅時にエアコンをつける、という方がお得なのか、外出しようが何をしようが、エアコンを朝からつけっぱなしにしておいた方がいいかということです。

 

「ダイキン」はこれについても実験してくれていました。
同じ間取りの部屋で、住人のスケジュールに合わせ、外出時には電源を切り、帰宅時には電源を入れるパターンと、一日中つけっぱなしのパターンで、消費電力を比べているのです。

 

ちなみに外出は買い物(1時間)、子どもの送り迎え(30分)、外食(2時間)散歩(30分)の計4時間。
時間は朝9時から夜23時までを実験タイムとしています。
気温は36.9度、エアコンの設定は26度、風量は自動です。

 

結果は、「つけっぱなしの方が消費電力量は高い!」でした。

 

一日の電気代は、つけっぱなしが153.9円、こまめに切る方が118.8円でした。
つまり、つけっぱなしの方が35.1円高いということです。
買い物、外食など長時間の外出時の消費電力の差がやはり大きかったようです。
逆に、散歩など30分程度の外出では、電源を切った方が消費電力は高く、これは①の結果と同じでした。

 

これを踏まえると、こういう結論になります。
「30分程度の外出ならつけっぱなしの方がお得、それ以上の外出なら電源を切る方がお得!」
なるほどですね。

古いエアコンはどちらにしても電気代が高い!中古エアコンでお得に買い替えましょう。

ここまで、「つけっぱなし」と「こまめに電源を切る」のどちらが電気代を節約できるかを調べてきました。
ただし、この実験は2016年に行われており、使用したエアコンも当時のモデルです。
これが、例えば10年以上年代の古い物だとしたらどうでしょう。

 

そもそもの消費電力が高いため、こまめに電源を落として省エネに努めようが、今のエアコンに比べたら電気代は高い、という結論になります。
それくらい、今のエアコンは性能がよく、消費電力も少なくて済むようになっているのです。
一生懸命省エネのために頑張るのが、なんだかむなしくなってしまいますよね。
だんだん効きも悪くなってくるし、壊れてしまっても修理できないし、このへんで新しい省エネのエアコンに変えるのも、電気代を節約する1つの手です。

 

でも、エアコンって高いんですよね。最新型であればあるほど、10万以上はざら。
しかし、エアコンも中古で買えば、最新型でもお値段をぐっと抑えられるってご存知ですか?
車で言えば「新古車」にあたる未使用のものも、探せばあったりします。
エアコンも中古で賢く買い替えるのが、一番の電気代節約術かもしれませんね。

掲載メディア 掲載メディア